記憶術を身につける3つのステップとは



記憶術といっても基本のやり方は本当にシンプルです。
1・覚えたいものを変換する。
2・すでに覚えている基礎を用意する
3・基礎に変換したものを結合する。
この3ステップだけです。

記憶術に興味を持っている人の中には記憶術の本をすでにいくつか読まれたことがあるかと思います。それらの本で、基礎結合法や連想結合法などの技をすでに覚えられた方も多いと思います。

ですので、ほとんどの人は「やり方の概要」は知っておられると思います。たとえば、一般の記憶術本では、基礎結合法はこう解説されています。

『基礎結合法とは忘れる恐れのないものを基礎にして、それに記憶するものを連結して憶える方法。基礎は順序があるものが望ましい。』

そして例として山の手線の駅名に結びつける方法などが書かれています。

しかし・・・残念ながら、多くの通信講座、速読教室なども概要しか書いてない場合がほとんどです。概要ではなく、重要なのはその中身。フックをどうするか、基礎をどうするか、変換を
どうするか。そういった、中身の部分が解説されていないと記憶術を身につけるのはなかなか困難です。

それらを学ぶのはどうすればいいのでしょうか?
実際に記憶術を使える人間に直接聞いて実践してもらうのが最良の方法です。でも身近に記憶術ができる人がいない場合は・・・・という方々のためにこのホームページを作りました。。

このホームページではより実践的で、効果的な記憶術の「やり方」を解説します。先ほどの3ステップをもう一度見てみましょう。
1・覚えたいものを変換する。
2・すでに覚えている基礎を用意する
3・基礎に変換したものを結合する。

ではこの3ステップを後でマスターしていただくわけですが、その前に、いくつか解説しておくこともあります。なのでまずは記憶術の基礎から一緒に学んでいきましょう。



このページの先頭へ