エビングハウスの忘却曲線の理論を利用した便利な復習方法



有名なエビングハウスの実験で、「人間は一日で覚えたことの八割近くをを忘れてしまう。」というデータがあります。

20 分後には42% を忘却し、58% を覚えていた。1 時間後には56% を忘却し、44% を覚えていた。1 日後には74% を忘却し、26% を覚えていた。1週間後(7 日間後) には77% を忘却し、23% を覚えていた。1 ヶ月後(30日間後) には79% を忘却し、21% を覚えていた。

この実験結果を応用して、「復習は20 分後、1 時間後、7 時間後、1 日後、3 日後、1 週間後、1 ヵ月後のように分けて行おう」という方法論があります。

エビングハウスの実験自体は、「無意味な単語の暗記」というやり方で行われたということですので、あそこまで綺麗に忘却曲線を描くかというとそうではありません。「RUP ・GOX ・PI M」などのように無意味なもので実験したので、覚えにくいのは当たり前ですね。

これが、「イエスタデイ・電気ドリル・ポカリスエット」などのように有意味の単語だったら、ずっと忘れにくかったものと思われます。さらにこれが、「昨日、電気ドリルでポカリスエットに穴を開けた」などのようにイメージが沸き、有意味で一連の情報だったら、ほんの少し復習して繰り返すだけで記憶にのこったはずです。

エビングハウスの忘却曲線は「復習が重要」ということを教えてくれるよい教訓です。時間を計って時間をわざとあけて繰り返す、というのも確かに一つの手ではありますが・・・いちいち時間を気にせずに復習したいものです

そこでお勧めは、ノートをつける⇒ 机の近くの壁に飾るこのシンプルな方法が一番でしょう。つまり、あとで「ちらっと見る」ことが出来る状態にし、嫌でも目に入るようにするんです。一週間ぐらい貼り付けておきましょう。

この方法の利点は、復習するぞと気合をいれなくとも自然に復習ができるのです。勉強するとき、ノートをつけますが、そのつけたノートを机のまえの壁やトイレに張り出しましょう。写真をとってケータイに入れるものいいでしょう。そうすれば、自然と忘却曲線を越える復習ができます。

パソコンに向かうのが多い人はPC の付箋ソフトを使うとよいでしょう。また、ケータイの壁紙にしたり、財布の中に貼り付けたり工夫してみてください。
( ノートは絵や図柄をふんだんに使い、一瞬で復習できるよう工夫しましょう。)




このページの先頭へ