質屋業界、高級ブランドショップでの新品買取りの最高価格と最低価格のパーセンテージを教えます



では、バッグひとつでどのぐらい儲けがあるのか?ルイ・ヴィトンの日本国内での質屋業界、
高級ブランドショップでの新品買取り値段の極秘の数字では、新品未使用で最低買い取り価格は55パーセント、同じく新品未使用の最高買取り価格は85パーセントです。

驚いたでしょ?
同じお店で同じ時期のバッグでも、買ってくる種類によって、同じ作業をするのにこれだけ買取り金額が違うのです。ヨーロッパまで行って、なにも知らずに55パーセントの品物なんか買ってきたら、お金儲けになりません。これが多くの人たちが失敗している原因なのです。

要するに、「売れ筋商品」なのです! 
それを、知っているか、知らないかの差なのです。ですから、あなたには失敗しないようにしてください。

例えばあなたが、簡単な例をあげますと:(今これを買ってきてもすでに買取り値段が違います)人気商品がルイ・ヴィトンのポパンクール・オ( 商品no, 40007) の日本定価は109, 000円です。

パリ本店で私が実際に買った値段は日本円で71,437円(リタックス含む)。これは1ユーロ=145円で、バッグの現地価格は555ユーロでした。(現在は20ユーロ値上げしています)

この商品を、ヨーロッパ旅行のついでに何個か買ってきたとします。この商品の日本での質屋さんでの新品買取り最高値段が85 パーセントですので92, 650円プラス消費税で97, 282円です。

この同じ商品を、例えばパリで今年始めに実際に私が買った資料を見ると、555ユーロなので、555ユーロ X145円=70, 180円から80, 502円です。さて、同じパリの直営店でどうしてこんな差がでるのでしょうか?

この価格の違いは正直に告白いたしますと、フランスには本店を含め、12店舗のルイ・ヴィトン店があります。一日目は自分のパスポートで買い物をしましたので、リタックスが戻っての
70, 180円、二日目は別のパリ市内の店で私は妹のパスポートで購入したため、リタックス
がつかないのでこの差になります。(妹のパスポートでリタックスがつかないのは、空港で本人のパスポートとエアーチケットが必要ですので、出国時にリタックスの許可印を押してもらえないためです)
80, 502円(リタックスなし)

単純に計算しますと、一人が85パーセント買取りの上記のポパンクール・オを自分のパスポートで70, 180円で買ってくれば、97, 282円 ― 70, 180円 = 27, 102円になります。

国内ブランド買取り最高額現地値段利 益ひとつのバッグを持ち帰ると、なんと27, 102円以上の利益になるのです。あくまでも、そのときのユーロと円の為替相場が関係しておりますので、この数字は当然ながら上下いたします。

一カ国でバッグ(バッグだけでなくとも構いません)を5個買えたとします。それだけで上記の計算で行けば、約126, 000円になりますので、ユーロが安く、旅費が安いときはこれで二人分でも十分にお釣りがきます。

安いときの、例えばフランスまでの往復料金は5万円台ですので、この5つのバッグを持ち帰るだけで、二人分の旅費が出て、そのうえに十分な余剰がでるのです。二人が一緒に行って、10個の人気バッグ類他を買って帰ると、一人分が丸々儲けということになります。宿泊費、食事代がカバーできます。

ただし、同じ商品を何個も自分用に買うのは不自然で、店員も売りたがらないので、なるべく多種類のバッグを買う必要があります。帰国時に申告する場合は、買い物総額が100万円以下の場合は、約6パーセントから7パーセントの輸入関税を支払わなければなりません。



このページの先頭へ