ルイヴィトン購入制限なんて怖くない!他の客よりたくさん買える方法



向こうでは、購入希望のリストを渡すなり、店頭に陳列してある商品を指差すと、店員は奥の商品棚から新品を取ってきてお客様の前に揃えます。あなたが女性ならそれを、いつものように、自分への買い物か、お土産として買うように、肩に掛けたり、手に持って鏡を見たり、お友達と相談したりと、自然に振舞うだけで何点でも買うことが出来ることがあります。

ただし、多人数でいく場合は二人一組ぐらいで行動した方がいいですね。その方が多人数で一度にいくよりも点数が買えますよ。

男性だけより、やはりカップルでお買い物をしていて、彼にこの際、買ってもらえるだけ買ってもらおう、という感じが一番いいですね。お店の店員さんもこういうときの女性の気持ちはよくわかってくれるものです。

やはりルイ・ヴィトンの新商品の需要はどこでも高く、在庫はあっても、同じ品名のものを複数買う場合には、「もう、無い」といわれるときがありますが、他に、パーセンテージのよい目ぼしいものがなければ、(フォー・マイ・シスター!)「For my sister!」 「妹の!」 と言い張れば、まず売ってくれるでしょう。なんていっても、私たちはお客様なのですから。



このページの先頭へ