ヨーロッパ旅行で仕入れた高級ブランド日本で高く売る方法



ヨーロッパに旅行しました。数ある高級ブランドのどこで買えばいいのか?

基本的に日本国内での買取りパーセンテージ額さえ知っていれば、エルメス、グッチ、シャネル、ブルガリ、ディオール、フェンディ etc…なんでも大丈夫なのですが、あなたが現実的にヨーロッパまで行って買い物をするとなると、これらの商品をすべて公表しても混乱するだけだと思います。

実際、私も最初は一度にいろいろ情報を仕入れすぎて混乱した経験がありますので、ここではひとつのブランドに絞る事にします。結果的にその方が、あなたの旅行の邪魔にならないと思います。そのブランドは、ルイ・ヴィトンにしましょう。理由は、やはり人気があるからです。

国内での取引きの「足」が速いのです。つまり、「すぐに売れるということです」。もちろん、ルイ・ヴィトンは世界中で人気がありますが、特に日本人はこのブランドが大好きです!

私はヨーロッパ中、そして西の果てのポルトガルまで行ってみましたが、ルイ・ヴィトンのお店の中に日本人の観光客の姿を見なかったことはありませんでした。

そして、ルイ・ヴィトンは管理が徹底しているため、横流しなどのルートがありません。ですので、日本国内でもまず極端な値引きがないのです。

ルイ・ヴィトンはヨーロッパの主要都市の目抜き通りには必ずあります。それにヴィトンは、商品番号が世界中で同じなのです。ですので、簡単なはなし、現在日本国内での相場の高い商品の商品番号をメモ等に書いて店員に渡すだけでいいのです。英語でコミュニケーションをする必要がありません。

それに、先ほども言いましたが、世界中のルイ・ヴィトンのお店にはどこにでも、沢山の日本人客がいます。ルイ・ヴィトンの店員も、日本人は英語が苦手だということを、よ~く知っていますのでご安心下さい。日本人の店員さんの姿も、パリ、イタリア、ドイツ、オランダ等の主要国のヴィトンでは必ずといってよく見ます。

どうしても心配なら、日本人の店員さんが空くのを待っていて声をかければいいでしょう。



このページの先頭へ