歴史の語呂合わせの本は捨ててしまえ!!



よく、歴史の語呂合わせ本や、記憶術の本に変換の例が載っています。あれをそのまま使っている方が多いのですが、貴方の変換は貴方だけのものです。他人の変換をそのままつかうと印象が薄いものになりますので、必ず変換は自分でイメージしたものを使いましょう。
※試しに、他人が作った連想、自分が無理やりひねり出した連想と、自分で直感したイメージと、どれが覚えやすいか実験してみてくださいね。差は歴然です。



このページの先頭へ