フックで使える6つの技術



フックの方法について学びます。多くの人がご存知のように、突飛で印象的なフックの仕方をすれば記憶に長くのこります。突飛な想像にする方法としては、以下のような方法があります。
・不均衡である。
・巨大に。
・数が多い(※ ただし雑然としないように)
・アクションがある。
・意外性がある

たとえば、「はさみ」をフックする場合、
・不均衡である。( 左右の刃の長さが違うはさみ)
・巨大に。(巨大なはさみがビルのそばにある)
・数が多い。(地面にはさみが何本も刺さっている)
・アクションがある。(道路ではさみが踊っていて危険。)
・意外性がある(はさみで切ると紙が繋がっていく)
などがあります。これらのパターンは一通り憶えておくといいでしょう。

パターンを覚えておけば、すんなりイメージ化することができるようになります。



このページの先頭へ