記憶術でフックを利用するときの注意点



基本的なことですが、フックはスピードが命です。フックは2 秒で行ってください。( 記憶術にじっくり、ゆっくりは禁物です!)

フックをしている最中に雑念が混じると、忘れやすくなります。まるで逆説的ですが、短い時間で覚えたほうが、長く覚えられるのです。

たとえば、
基礎:郵便ポスト
変換物:味塩のビン
とこれらの2つを結び付けたいときに、郵便ポストの上で⇒ 「あ、そういえば今晩のおかずは・・」⇒ 味塩のビンが・・なんて雑念が混ざったイメージは厳禁です。

2 秒以内にさっとフックをして雑念が混じらないようにしましょう



このページの先頭へ